テニスノートの書き方で人生を変えた男の子

2017年10月09日 ジュニア

10年間
試合で負け続けた男の子

この男の子は、小学生4年生からテニスを始めていました。

 

毎日、毎日、週に4回、家に帰ってからも壁打ちをしたり、素振りをしたり、一生懸命に練習をしていました。でも、試合で勝てるようになったのは、大学3年生になってからでした…

 

それまでの男の子は、ポジティブ思考で、たくさん練習をして、みんなよりも頑張っていれば、いつかは試合で勝って、プロの選手になれると思って頑張ってきました。

 

でも、それは、大きな間違いでした。

 

原因は、練習量ではなかったのです。

その男の子は、ちょっとした意識を変えただけで、落ち着いて、冷静に、緊張していても試合で勝てるようになりました。

 

そして、JOPランキング180位まで達成することができました。 そしてコーチとして、県大会優勝選手を指導したり、全日本出場選手、JOP100位台選手の8歳~15歳までの指導を実施するようになりました。

 

今では、テニスコーチとして、子供にこの「意識を変える秘密」について教えるようになったのです。

 

意識を変えたら試合で勝てるようになりました

 

こんにちは、私の名前は南部 幹雄(なんぶ みきお)と言います。

 

実は、今お話したストーリーは、私自身の本当の話です。

 

でも、私は、自分の自慢をしたいために、このお話をしているのではありません。また、可哀想だと思ってほしくて話したのでもありません。。。

 

ちょっとした意識の変化で、試合で勝てるようになることを証明したいと思って、この話をしようと思ったのです。

ほとんどの子は頑張り過ぎです

がんばりすぎて、逆に、試合に勝てない悪循環にハマっています…

 

実際、私自身も10年間は、才能がないからダメだと思って自分を責めていました。

 

足も遅くて、徒競走をしても、クラスで後ろのほうでした・・・

 

母親に勧められて、テニスを始めたのにも関わらず、行きたくなくて、泣きながら通っていたこともありました・・・

 

どんなに練習をしても、

  • 自信もつかないし…
  • 試合でも勝てないし…
  • 「教える先生が悪いからだ」

と、人のせいにしていた時期もありました…

 

日本一と言われている、大きなテニスアカデミーにも練習をしに行って、あの錦織圭選手を育てたコーチにも、習ったこともありました。でも…

 

たとえ練習でうまくできても、試合では同じようにできなかったのです。

毎日がストレスの連続でした

そんなとき、私は偶然にも、あるコーチから、テニスが上達する「秘密」を教えてもらったのです。

 

しかし、多くの子供たちが、この秘密を知っているにも関わらず、やらないでいるのです。

 

私がテニスで勝てるようになった秘密。。。

 

『テニスノートを書いて試合に勝つ方法』を今から伝えたいと思います。

 

テニスノートの書き方がもたらす成長スピード

 

もちろん、すぐに信じることができないかもしれません。

なぜなら、ほとんどの人が、「ノートに書く時間があったら練習したほうがいい」と思ってしまうからです。

 

もちろん、練習は大切です。

 

でも、実際に、周りの子供たちを見渡してみてください。

ほとんどの子供達は、既に十分練習しているんです。

 

練習もせず、「負けてもいいや」と思っている子供はほとんどいません・・・自分とのモチベーションとも戦っている子供もいるのです・・・

 

しかし、どんなに練習をしても、練習通りに試合ができないのが現実なのです…

 

例えば、よく試合で勝つ子を思い出してみてください。

 

試合で勝つ子の共通点、それは、練習でも試合でも落ち着いてプレーができることですよね?

しかし、その逆に、練習通りに試合ができない子を思い出してみてください・・・

 

  • むやみに練習してませんか?
  • 試合でガチガチになってませんか?
  • 調子の良いときと悪いときの差がとても激しくありませんか?
  • 同じ練習をしていて本当に勝てるでしょうか?

一体、何が違うのでしょうか?

実際、私も同じ失敗をしてきました。

どんなに練習をしても、上達は遅く、試合に勝てることはありませんでした…

練習量を増やしても、原因が違うので、勝つための練習にはなっていなかったのです。

その秘密は、次の2つでした。それは、、、

練習通りに試合をする
「意識」

多くの子供たちが悩んでいる最大の原因。

 

それは、練習通りに試合ができないことですよね?

 

実際、ほとんどの子供たちが、「極度の緊張状態」「負けたくないプレッシャー」「失敗してはいけない」という感情に押しつぶされて、練習通りにできずにいます。

 

「どうやったらいいかわからない…」というのもあります。

 

言うまでもありませんが、どんなに練習をして強くなっても、試合で同じようにできなければ、勝つことは難しいのです。

 

つまり、緊張していても「思い通りに動ける体」になることが必要です。

では、どうすれば、緊張していても練習通りにパフォーマンスを発揮できるのでしょうか?

 

それが、意識です。

 

言い換えると、練習をしている時も「これは本番だ」と思う意識のことです。

 

なぜなら、「間違えても大丈夫」という状態で練習をしていれば、間違えても大丈夫な場所でしか、その練習は発揮されないからです。

 

つまり、「チャンスは一度きり」という意識で練習をしていれば、本当に「チャンスは一度きり」というときに、パフォーマンスを発揮することができるようになります。

 

練習に対する「意識」が上達を加速させてくれます。

 

練習通りに試合をすることができれば、もっと簡単に、落ち着いて、自信を持って試合に挑むことができるようになります。

 

実際、もっと楽しく、冷静に勝つことができるのです。練習を無駄にする必要はありません。

努力の方向性

2つ目の原因。

 

それは、何が原因が分からないまま、とにかく闇雲に練習をしてしまうことです。

 

実際、ほとんどの子供達が、試合で負けた後も「悔しい・・・」と思いながら、同じ練習をまた繰り返してしまいます。

 

よく考えると、当然なのですが、今までと同じことをやっていたら、今までと同じ結果しか起きないのです。どんな練習にも、必ず原因があって、結果があります。

 

つまり、同じ練習をしたら、同じ結果が起きます。

簡単に言うと、次のように言うことができます。

原因と結果

  • 間違った練習(原因)をしていれば、試合でも間違った結果を発揮する
  • 練習をしたことしか、試合では発揮されない
  • 言い換えると、正しい練習(原因)をすれば、試合で勝つことができる

 

ということです。

 

もし、テニスの練習をたくさんしているのに…

 

  • 思った通りの試合ができなかったり、、、
  • 誰よりも練習をしているのに勝てなかったり、、、
  • 情熱はあるのに上達が遅いと感じているなら、、、

 

努力の方向性を間違えているかもしれません。

 

そして、努力の方向性を正してくれるのは、意識だけです。

 

意識を変えなければ、練習の質も、試合の成績も、今後の結果も変わらないのです。

もちろん、試合に勝てるときもあると思います。

 

しかし、闇雲になって練習をしていたら、それは宝くじと同じなのです。

 

そして、本人は「一生懸命取り組んでいる」と思っていたり、「試合で負けて悔しい…」と思っていて、たとえ練習量が増えたとしても、今まで通りの練習では、今まで通りの結果が起きるのは目に見えています。

 

大事なことは、ただ闇雲に練習をするのではなく、一度立ち止まって、今どんな状況にいるのかを確認し、常に意識をして、「本当に今の練習が正しいのか?」を修正していく必要があるのです。

 

では、どうすれば、意識を変えて、試合に勝てる練習ができるのでしょうか?

 

それが、テニスノートの書き方なのです。

なぜ、テニスノートの書き方が重要なのか?5つの秘密

なぜ、テニスノートが意識を変えて「努力の方向性」を正してくれるのでしょうか?

 

これには5つの秘密があります。

 

【秘密1】頭の中だけだとすぐ忘れる
【秘密2】文字にしてあるので、努力の方向性がブレない
【秘密3】今、するべき練習に導いてくれる
【秘密4】試合で勝てない原因を一つ一つ潰すことができる
【秘密5】つまり、効果的な書き方ができていれば、自動的に成長できる

 

ということです。

 

効果的な書き方は、意識を継続的に変えてくれるので、練習や行動の質も変えることができます。

 

テニスノートが、上達する道をどんどん見つけ出してくれるのです。

  • どうすれば、もっとうちの子は意識して練習するんだろう…?
  • どうすれば、練習通りに試合ができるようになるんだろう…?

 

なんて思う必要がなくなるのです。

 

お父さんお母さんも、お子様が上達する姿を見て、もっと楽しみながら応援することができるようになります。

 

 

闇雲になって、無駄な練習する必要はありませんし、学業の時間に支障を出す必要もないのです。

 

効率的に練習をすることができます。

でも、テニスノートに書くのって難しいんじゃ…?

 

大丈夫です。

 

実は、小学生でも簡単にテニスノートを書くことができます

 

小学生でも意識を変えて、自信を持って、試合に挑めるようになるのです。

 

例え小学生でも、中学生でも、高校生でも、関係ありません。

 

効果的なテニスノートの書き方は、意識を変えてくれます。

 

たとえ今、どんなレベルであっても、今までとは違う結果を引き出すことができます。

 

継続が大切なのです。

 

しかし、実際には、一人一人感じ方や個性が違うので、テニスノートを書いても効果がでない子もいます。でもそれは、テニスノートがいけないのではなく、その子のせいでもありません。

 

自分自身に合った書き方を知らないだけです。

 

そして、テニスノートには、絶対に抜いてはいけないポイントと、指標となる書き方があります。

 

その書き方のポイントを入れながら、、自分自身に合った書き方を見つければ、効果を出すことができるでしょう。

 

私は、今までの経験から、もっと多くの子に、もっと自信をもって、もっと試合に勝てる選手を育てたいと思いました。

 

効果的なテニスノートの書き方は、上達のスピードを早めてくれます。

 

「練習通りに試合ができない…」なんて思う必要はありません。

どうすれば、自分に見合ったテニスノートの書き方がわかるのか?

 

しかし、私は今、多くの活動をしているので、一人一人見ている時間がありません…

 

なので、多くの保護者様や、子供たちからも相談を受けるのですが、時間を作ることが難しいのです…

 

どうすれば、一人でも多くの子が、試合に勝てるように教えることができるのか?

 

ずっと考えていました。

 

そこで思いついたのが、テニスノートの書き方塾です。

 

この塾では、毎月1回、効果的なノートを書いて、努力の方向性を定めることができます。効率的な練習をすることができます。

 

 

 

 

次のような悩みはありませんか?

 

 

と思っているなら、是非まずはお子様をこの塾の体験にお連れください。

きっと、お子様のモチベーションも上がると思います。

 

塾の内容

 

  • 日々の練習を意味あるものにするための原因の掘り下げ方
  • よくある負けパターンの克服法
  • 練習での意識の揚げ方

 

他にも、、、

 

  • 誰もが上達する2つの練習ステップ
  • 失敗体験を成功体験に変える方法

 

そして、、、

 

  • なぜ、意識を変えたら試合で勝てるのか?
  • すべての根本を変えてくれる「テニスノートの具体的な書き方」

 

を知ることができます。

 

会場の関係で、すべての保護者様、すべてのお子様の参加は難しいかもしれませんが、まずはお問合わせいただけたら嬉しいです。


テニスノート塾体験セミナー日程詳細

【料金】3,000円(税抜、参加者1名当たり(親子の場合は2名分となります)
【対象】小学校4年生~高校生までのプレイヤー
【日程】

6/16(土)【名古屋会場】 9:00-11:00、11:30-13:30 15:00-17:00  17:30-19:30(各回2時間)

6/23(土)【東京会場】 11:30-13:30

6/30(土)【東京会場】 9:00-11:00



【東京会場】
アットビジネスセンター渋谷またはアットビジネスセンター渋谷東口駅前
→渋谷 渋谷駅から徒歩5分

【名古屋会場】 SOHOプラザ名古屋 (久屋大通駅から徒歩5分)

※会場の詳細はお申込後にご案内いたします。

 

体験セミナーの日程を逃してしまった方や参加できない方へ

体験セミナーの日程を逃してしまった方やなかなか参加ができない方へ、ラインでノートを書く時に参考となるメッセージをお届けしています。

よろしければ、以下より友達登録をして、ノートの書き方の参考にしてください。


友だち追加

 


南部 幹雄(なんぶみきお)
コーチ・プロフィール

 

1979年生まれ

 

小学4年生からテニスをはじめ、中学校から本格的に受講。

 

都内のテニススクールでアカデミーコースに受講しながら、著名なコーチの噂を聞いてはプライベートレッスンを受講する。

 

大学入学後は、テニス部に所属し、大学時代に関東学生、JOP180位を達成。

<実績>

・2001年~2005年 慶應義塾大学體育會庭球部 女子ヘッドコーチ
・2005年~2006年 高知中央高等学校 ヘッドコーチ(高知県大会優勝選手を指導)
・2006年~2010年 麻生ウイングローバルテニスアカデミー ヘッドコーチ
・2006年~2009年 東京女子体育大学テニス部コーチ
・2009年~2013年 慶応義塾志木高等学校テニス部コーチ(ジュニア時代に無名の選手が多数を占める中、団体戦で県大会ベスト8を達成)
・オリジナルコーチとして、全日本出場選手、JOP100位台選手の8歳~15歳までの指導を実施
・同時に、テニスノートの書き方にも力を入れている

<経歴>

・2001年 慶應義塾大学環境情報学部を卒業
・2001年 慶應義塾大学大学院政策メディア研究科入学 大学・大学院ではコミュニケーション心理学などを専攻し、利害の対立するコミュニケーションにおける合意形成の方法等を研究。
・2003年 慶應義塾大学政策メディア研究科 修了、株式会社電通パブリックリレーションズ入社
・2005年 同社を退職し、株式会社スポーツネットワークアンドクリエイションズを共同設立し、取締役に就任
・テニススクール10拠点を運営、その他にインバウンド事業・アパレル事業・飲食事業も運営。
・2014年 同社を退社、合同会社wakkaを設立し、同社代表に就任 「人のパフォーマンスと可能性を最大限引き出す」ことをライフワークにコーチング業務に従事。NLP(神経言語プログラミング)プラクティショナー、東洋における帝王学としての東洋哲理体系、禅思想から独自のコーチングメソッドを確立する。

テニスノートの書き方で人生を変える

 

もしかしたら、大げさだと思われるかもしれません。

 

しかし、テニスノートの書き方を学ぶと、自分自身の気持ちや癖を発見することができるので、客観的に自分を見ることができるようになります。テニスノートは、今の自分がどんな状態かを教えてくれます。

 

なので、テニスだけではなく、友達や先輩との人間関係や学校の勉強、そして、就職後の人との付き合い方や仕事への向き合い方にも役立てることができるようになります。

 

本当の意味で現状を知ることができれば、改善は簡単です。

 

今、自分がどこの国にいて、どこの地域にいるのかが分からなければ、アメリカがどの方角にあるのかわかりませんよね?

 

それと同じで、テニスノートは、自分の現在地を表してくれます。しかしそのためには書き方を学ばなければなりません。

 

なので、この「テニスノートの書き方塾」に来て、実際に書き方を学んで、自分の人生に役立てて星と思っています。実は、プロの選手や、成功している経営者も、この書き方を学んでいるのです。

 

テニスノートの書き方は、人生を変えてくれます。


テニスノート塾説明会の様子

お客様の声

テニスノート塾体験セミナーのお申し込みは簡単です

下記のフォームに必要事項を入力して、送信ボタンを押すだけでご予約ができます。

2営業日以内にご連絡をさせていただきます。

保護者様・お子様のご参加をお待ちしています。

保護者参加の有無
保護者同伴本人のみ参加

※ご予約後、日程変更ができます

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス

PAGE TOP