打点に入れない人はフットワークが原因ではないかも?

feet-3483426_1920

うまく打点に入れないという悩みを持っている方も多いと思いますが、『フットワーク』が原因では、と思っていませんか?

実は本当の原因はフットワークではないかもしれません。

一所懸命フットワークの練習をして無駄になる前に、少し本当の原因を考えてみましょう。

 

打点に入れないのはフットワークのせい?

なかなか打点に上手く入れないという方の中には、フットワークが悪いせいだと考えている方も多いのではないでしょうか?

 

多くのコーチが、『テニスは足だ』と言っていますし、私も『フットワークがとにかく大切だ』と考えていました。

 

しかし、どんなにフットワークを意識してもなかなか打点にうまく入れませんでした。

 

ランニングやラダーのトレーニング、ダッシュトレーニング、アジリティトレーニング、クイックネストレーニング、等様々な練習を取り組みましたが、改善しません。

 

そして、悩みに悩んで、なぜなのかを考えているうちにフットワークと打点の本当の関係が分かってきました。

 

ボールのスピードと自分の動きはどちらが速い?

まず皆さんにお伺いしたいのは、ボールのスピードと皆さんの動きやフットワークは、どちらが速いでしょうか?

 

答えはもちろんボールの方が速いでしょう。

逆に言うとボールの方が速くなければ、簡単に追いつけるので、スポーツとしてはとてもつまらなくなってしまいます。

 

そして、ボールの方が動きが速いということは、例えばあなたがベースラインに立っていたとして、ボールがベースライン付近に来てしまってから、そこに追いつこうとしてももう遅い、ということになります。

これはどんなに足が速くても、フットワークが良くても無理です。

 

ボールが来てしまってからどんなに頑張っても間に合わない、ということは、打点に入るために大切なことは、ボールが来る前にはボールが来る場所に行っていなければならないということになります。

 

フットワークの前に『どこに行けば良いか?』

フットワークを鍛え、速く動くことで改善されるのは、『どこに行けば良いか』が理解出来ていてこそになります。

どこに行けば良いか、が分かっていなければ、どんなに速く動けても間違った場所に行ってしまうので、意味がありません。

 

そのため、打点やフットワークで悩んでいる方にまず確認していただきたいのは、ボールがどこに来るか予測できているかどうか、という点になります。

 

こちらの記事でもご紹介していますが、私はあまり運動が得意ではなく、足も遅い方でした。ですので、フットワークが悪いことはある程度仕方がないと思っていました。

 

しかし、試合で勝つためにどうすれば打点に入れるかを練習の中で考えていった時、この『ボールの軌道予測』がとても大切だということに気づいたのです。

 

この軌道予測ですが、実はある程度ラリーができている方は、なんとなく練習の中で無意識でできるようになっています。

ただ、無意識で行っているだけに、『大まかな予想』で動いている人もいれば、自然と『正確に予測』できている人もいるわけです。

 

もしも、打点に入れていないと感じているとしたら、あなたは無意識で予測しているけれども、『大まかな予測』になっている可能性があります。

 

予測に必要なのは、見抜く力

ボールの軌道を予測するために必要になってくるのは、ボールを見抜く力です。

いわゆる『ボールを見る』ということなのですが、もう少し詳しく解説したいと思います。

 

ボールの軌道というのは、相手がボールを打った瞬間にはボールはどこに弾み、どう跳ねるかは決まっています。

そして、それは何によって決まるかというと、ボールの『勢い』『高さ』『回転量』によって決まります。

 

そして、軌道予測ができていない場合、多くの方が『勢い』を見抜けていません。

 

ただ、見抜けていないと言っても、ある人は『40km/hの勢いと50km/hの勢いの違い』を見抜けている人もいれば、ある人は、『40km/hと60km/hの勢いの違い』しか見抜けない人もいる、という具合に正確に見抜く、ということに対して、バラツキがある、ということになります。

 

この勢いの違いを正確に見抜ければ見抜けるほど、ボールの軌道を正確に予測できるようになっていきます。

 

まずは自分がどのように『見ているか』を

ボールの勢いを見抜くための練習方法として、まずはいま自分がどのようにボールを見ているか、観察しながら取り組んでみましょう。

きっと、同じようにボールを見ていても、『ただぼーっと見ている時』もあれば『勢いを見抜こうとしてボールを見ている』ときもあるでしょう。

 

この違いに気づいていくことで、『勢いを見抜こうとして見る感覚』とそうでないときの違いがわかってきます。

 

最初はあまりよくつかめないかもしれませんが、根気強く取り組んでみましょう。

 

スポンサーリンク

??
 

『なんとなく練習』していませんか?

tennis090
ジュニアの練習を見ていて、『ちゃんと意識して練習しているのかな?』と思うことはありませんか?
テニスは、具体的に意識をしていくことによって上達していくことができます。具体的な意識の仕方を練習する練習会についてはこちら。

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス

PAGE TOP