レッスンの流れはこちら

苦手な人必見!ファーストサーブとセカンドサーブの使い分け|動画

2017年08月11日 サーブ

serve021

ファーストサーブとセカンドサーブ、ゲームで有効に使い分けができていますか?入れるだけになっていませんか?

ファーストサーブとセカンドサーブの使い分けを覚えていくことで、試合で優位にゲームを進めることができます。

セカンドサーブになると極端に入れるだけになってしまう、とにかくダブルフォルトをしたくない、ポイントの状況によっての使い分け方がよくわからない、という方へ使い分け方について解説します。

ファーストサーブとセカンドサーブの使い分けの基本的な考え方

ファーストサーブは攻撃的に、セカンドサーブは安全に

まずファーストサーブとセカンドサーブの使い分けの基本的な考え方をおさえていきましょう。サーブは打つチャンスが2回あります。そのため、ファーストサーブでは攻撃的に、セカンドサーブでは安全に、というのが基本的な考え方になります。

そのため、ファーストサーブでは厚い当たりで回転が少ないフラット気味のサーブを、セカンドサーブでは薄い当たりで回転が多いスライスサーブやスピンサーブを打つ、というかたちになってきます。

セカンドサーブもしっかりスイングする!

この時に、セカンドサーブになると『安全』に打ちにいくので、スイングスピードが遅くなってしまう方もいるでしょう。

しかし、セカンドサーブのポイントは、スイングスピードを落とさないことです。

インパクトでボールとラケット接触している時間は、4/1000秒と言われています。そして、このボールとラケットが接している4/1000秒の間に、どれくらいの距離をラケットとボールが接触して移動しているか、がポイントになります。

トップの選手ほどスイングスピードが速くなります。そうすると、この4/1000の接触時間の間に、8cmほどを移動します。

一方で、通常のプレイヤーはスイングスピードが遅くなりますので、この4/1000秒の接触時間の間に移動できる距離は、トップの選手の半分以下となります。(もちろんレベルによって変わってきます。)

ということは、スイングスピードが速いほど接触距離が長くなるので、その間にしっかりと回転をかけるようにすることができます。逆にスイングスピードが遅くなると、ラケットとボールとの接触距離が短くなってしまうので、ボールに回転をかけきる前にボールが飛んでいってしまうわけです。

サーブでスイングスピードをあげるための『プロネーション』については、コチラで細かく解説しています。

つまり、セカンドサーブでもしっかり振り抜き、スイングスピードをあげることで、回転をしっかりとかけていくことができます。

回転のかかったスライスサーブの打ち方についてはコチラも御覧ください。

ファーストとセカンドの使い分けの実践

【初級者編】2本ともセカンドサーブを打つ

ここからは、初級者の方や、サーブにまだあまり自信がない方が、ゲームでサーブを打っていく際の使い分けや心がけなどをお伝えします。

まだあまりサーブに自信がない方は、セカンドサーブと言ってもあまり確率が高くなく、ミスしてしまう不安があると思います。

ですので、このような方々は、2本ともセカンドサーブを打つようにしましょう。一本目のファーストサーブで
『よし、サーブが2本あるから、1本目思い切って打ってみよう!』
と、思い切って打ってしまうと、入らなかった時に
『あ、やばい。2本目入るかな』
と不安になってしまいます。

ですが、1本目から、ある程度きちんと入るようにセカンドサーブを意識して打つことができれば、2本目に追い込まれた状況にはなりづらくなります。
(もちろん1本目が入らなかったら、セカンドサーブになりますが。。。)

【中上級者編】ポイントによって使い分ける

セカンドサーブが安定して入るようになってきた方は、今度はポイントによってファーストサーブとセカンドサーブの使い方を変えていってみましょう。

40-15のような有利な状況と、15-40のような不利な状況では、それぞれ状況が異なるので、サーブの使い方を変えることで、有効に試合を展開していくことができます。

少し状況をイメージしてみましょう。たとえば15-40の状況で、ファーストサーブをいつも通りに打ったとします。もちろん入る可能性もありますが、入らない可能性もあります。

この時にもしファーストサーブが入らなかったとしたら、セカンドサーブを打つ際にどのようなことが起きるか想像してみましょう。

おそらく
『これを失敗したらゲームを落としてしまう』
という不安が出てくることと思います。

ですが、もしもファーストサーブの状況で、次のように考えたらどうでしょう?
『あ、いま15-40で不利な状況だ。ファーストサーブは入るかもしれないが、入らないかもしれない。もし入らなかったとしたらセカンドサーブになってかなり追い込まれる。』
このように状況が想定できたとしたら、
『ここはファーストサーブから回転をかけて安全にいこう』
という発想が出てくると思います。

このようにファーストサーブとセカンドサーブの使い分けも、ポイントの状況によって使い分けを考えてみましょう。

これまで起こっていた試合の状況を思い出してみて、もし違った選択をしていたら、結果がどう変わっていたかを想像してみると良いと思います。

たとえばですが、今度は40-15の状況でのセカンドサーブ、普段あなたはどのように打っていますか?この時にも、先程お伝えしたような、ポイントの状況によって、普通にセカンドサーブを打つ以外に何か選択肢がないか、ぜひ考えてみて下さい。

まとめ

ファーストサーブとセカンドサーブの使い分けについて解説しました。まずは、セカンドサーブをきちんと振り抜いて、回転がかかったセカンドサーブをゲームでも打てるようになりましょう。

また、今の自分のサーブの確率や威力を踏まえて、ポイントの状況による使い分け方を考えてみましょう。自分が不利な状況に追い込まれないように、優位な状況を保ち続けられるようにするために、サーブの使い分けをどのようにすればよいか、考えてみて下さい!

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス

PAGE TOP