なかなか勝てないジュニアが勝つための練習の取り組み方

tennis-1268759_1280

なかなか勝てないと感じているジュニアはどのように練習に取り組むと勝つ方法にたどり着けるのでしょうか?

今回はそのようなジュニアのための取り組み方を紹介します。

もしもなかなか勝てないと感じているジュニアは、ぜひ参考にしてみてください。

 

ジュニアがなかなか勝てない時とは?

まず、ジュニアがなかなか勝てないと感じている時、何が起きているかを整理してみましょう。

 

なかなか勝てないと感じているときは、『本当はもう少し勝つはずなのに勝ててない』と捉えて、勝てないと感じているのだと思います。

 

つまり『本当はもっと自分は勝つはずだ』という前提条件があり、その期待と結果が違うギャップに対して、『勝てない』と感じているわけです。

 

きっと、予想通りや期待通りの結果が出ている場合には、『勝てない』とは感じていないと思います。

 

そして、この前提条件となっている『本当は自分はもっと勝つはず』という部分は、『練習ではこれくらいできているのに、試合だとそれが出せない』というケースが多いのではないでしょうか。

 

勝てないジュニアほど、技術の詰めが甘い。

このように練習ではできているけれども、試合ではなかなか出せない、というジュニアは何が課題なのでしょうか?

 

私がこれまで指導してきた経験と、自分自身も競技に取り組んでいた経験から、勝てないジュニアほど、技術の詰めが甘い傾向があります。

 

技術の詰めとは、良いプレーと悪いプレーの波があるというケースがわかりやすいでしょう。

これを『調子が良い』『調子が悪い』と表現する方もいるでしょう。

 

たしかにそのような波もあると思いますが、試合では調子が良い悪いに関わらず成果結果を出さなければなりません。

そして、そのような調子の波がある事自体が、技術の詰めが甘い証拠になります。

 

たとえば、テニスを始めたての頃は、ラケットの真ん中にボールが当たる日もあれば、当たらない日もあったでしょう。

それは確かにその日の調子によって波があったかもしれません。

でも、だんだん上達していけば、そのような波はなくなり、常に真ん中に当たるようになったでしょう。

 

同じように、いま調子が良い日もあれば悪い日もある、というのは、技術の精度が上がっていけば、『できることが当たりまえ』になります。

 

技術的な詰めを上げるとは

では、勝てないジュニアが勝つために、技術をどのように詰めていけばよいのでしょうか?

 

調子の波がなく、常に同じようなパフォーマンスを出せる、ということは『プレーの再現性』をあげていくということです。

 

再現性とは、毎回どのようなときでも、良いショットを打ったときと同じことが再現できる、同じ動きができる、ということです。

 

テニスの動きというのは、同じ動きをしているつもりでも微妙に毎回動きが異なっているものです。一方で、ボールの飛ぶ方向は、ラケットとボールが当たる面の角度がわずかに異なっただけで、思う方向には飛んでくれません。

 

様々な方向に飛んでくるボールに対して、毎回同じ角度でボールを当て、再現性高くスイングを行わなければ、安定したボールを打つことはできないわけです。

 

そのために、この再現性を意識した反復練習が必要となります。

 

毎回同じ動きを同じ結果が出るように意識してトライし、結果がきちんと出たかどうかを確認しながら取り組みます。

もしも同じ結果が出ていないときは、動きになにか違いがあるということなので、その動きを改善していく、という繰り返しを行っていくことになります。

 

ここで大切なポイントは、『自分の期待通りの結果が出るまで同じ動きができるようにする』ことです。

たとえば、10球中10球狙ったところにボールが入るようにする、等の目安を作ると良いでしょう。

 

目安を明確に作ることで、その技術が『調子の波』に左右されるものなのか、『技術的な詰め』ができているものなのかを確認することができますし、また練習の中で、『期待した結果がきちんと出せた』という体験は、自信にもつながります。

 

勝てないと感じるときほど基礎の反復を

なかなか勝てないと感じるときほど、その時間をどう過ごすかでこの先に大きく影響していきます。

その時期にしっかりと自分の課題と向き合って実力を蓄えれば、成果結果へと大きくつながっていきます。

 

そのためにどうしても必要となってくるのが、基礎的な反復練習によって『再現性』をしっかりと身につけることです。自分で再現性高くプレーができてきた、という実感が出てくるとそれは自信にもつながります。

 

ぜひ取り組んでみてください。

 

スポンサーリンク

??
 

『なんとなく練習』していませんか?

tennis090
ジュニアの練習を見ていて、『ちゃんと意識して練習しているのかな?』と思うことはありませんか?
テニスは、具体的に意識をしていくことによって上達していくことができます。具体的な意識の仕方を練習する練習会についてはこちら。

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス

PAGE TOP