レッスンの流れはこちら

テニス肘の悩みを解消するための流れ

2017年07月25日 肘・エルボー

tenisuhiji002_2

テニス肘の痛みを生む多くの原因は、『打ち方』にあります。打ち方を改善することで、痛みを生む原因を取り除くことが出来ます。痛みが生まれる理由と打ち方との関係について解説しながら、痛みの原因を取り除くためにどのような打ち方を身につけることが必要なのか、ご紹介していきます。

テニス肘の根本的な原因を解消する

テニス肘・エルボーの原因

テニス肘にお悩みの方は、まずはバンドやサポーターをつけたり、また少し痛みが強い方は、治療院や整形外科等で対処をされていることと思います。

ですが、結局はそれらの対処法は、痛みを和らげたりするものであって、痛みの原因を取り除くものではありません。
また、整形外科などでは、『少しテニスを休みましょう』と言われてしまうこともあると思うのですが、休めば良くはなりますが、また始めると痛みが出てしまいます。

それはなぜかというと、痛みが生まれる原因は、テニスの打ち方から生まれているわけなので、テニスをしている限りは、その打ち方を変えない限りは改善されていかないわけです。

でも、せっかくの楽しいテニスですから、休むこともなく、楽しく、痛みもなく続けていきましょう。

肘から先だけを使った打ち方が原因

肘に負担が来る打ち方の原因は、そのほとんどが『肘から先だけを使ったスイング』が主な原因です。ボールを打とうとする際に、手首の力でラケットを振りに行ったり、肘から先の部分だけを使って、ボールを飛ばそうとする感覚が強くなると、手先が力を発揮していくため、そこにインパクトの負担がかかってしまいます。

たとえばですが、打ち終わった時のフォロースルーで、肘がしっかり振り抜かれず、少し脇がしまったようなスイングになってしまっている方はこちらに該当するパターンが多いです。

この力みが抜けないスイングをしていると、痛みが来ることはもちろんですが、それに加えてスイングに力が生まれず、一生懸命振っているのになかなかボールが飛ばない、また、打ち方もスムーズでなく、フォームもあまり綺麗でなくなる傾向が強くなってしまいます。

理にかなったスイングを体得して痛みの根本を改善

一方で、理にかなったスイングは、身体で回る力がそのままラケットに伝わります。そのため肘や手首に余計な負担がかかりません。

肘や手首の力で打とうとすると、せっかく身体が回る力が生み出せていても、その力を邪魔してしまいます。

そうすると、身体が回る力もボールに伝わらず、さらに手首や肘に負担がかかってしまうわけです。

理にかなったスイングを行うと、身体が回る力がボールに伝わり、さらに手首や肘にも負担がかからないわけです。

その結果として、スイングや身体の動きもスムーズになるため、フォームもきれいになっていきます。

テニス肘を根本的に改善する方法

脱力スイングをマスター

テニス肘は脱力したスイングをマスターすることで改善されていきます。 ですが、脱力のポイントは、あなたが想像している『脱力』と本当の意味での『脱力』が異なることです。
あなたは力を抜いていると思っていても、実は抜けていないことがほとんどです。
そのため、実際にレッスンで脱力を体感していくことで、テニス肘を改善していくことが可能になります。

具体的なアドバイス

あなたの課題で何が原因なのか、具体的にお伝えさせていただきます。あいまいな感覚ではなく、身体のどの部分をどう動かすことが必要か、具体的にアドバイスをさせていただきます。

あなたが、上達するために、いつどこをどのように動かす必要があるのか、が明確になります。

できるようになるための道筋が明確に

身体の動きはすぐに結果が出る場合もあれば、そうではない場合もあります。でもなかなか結果が出ないと、他の課題に目を向けたくなったり、不安になりますよね。

このレッスンでは、あなたの課題の優先順位をつけ、全体の道筋をご説明します。ですので、今何が課題で、それを解決するとどうなれるのか、把握しながら取り組むことが出来ます。

その結果、不安なく今の課題に取り組むことができるので、集中して改善していくことができます。

『わかる』だけでなく『できる』レッスン

頭でやるべきことが理解できたのと、それが実際にできるのは異なります。

あなたができるようになるために、実際に良い感覚を体感していただいたり、視覚から良いイメージを取り入れていただいたりしながら、様々なアプローチで実際にできるようにしていきます。

また、身体の動かし方は、物事の考え方や捉え方とも関連してきます。必要な場合には、なぜそのように身体を動かしているのか、という考え方からアプローチして、できるようにしていきます。

テニス肘改善!プライベートレッスン

理にかなったスイングを体得して、テニス肘の原因から取り組むレッスンプログラムを行っています。

オンコートでのレッスンを通じて、あなたの痛みの原因となっている打ち方に対してアプローチし、力の使い方を、まずは頭で理解し、そして次に身体で理解していきます。

痛みが出づらいスイングを体得すると同時に、スムーズで楽で綺麗なフォームで力強いボールを打つことも同時に目指します。

レッスン実施場所:横浜市内のテニスコート

料金:6万円(税抜、1時間のプライベートレッスン6回分、有効期限半年間、コート代を含みます。)
※あなたの打ち方が改善されることをゴールとするため、単発でのレッスンは原則としてお受け出来ません。

1.ご希望の曜日と時間帯をご連絡下さい。

メールフォームまたはお電話にてご希望の曜日や時間帯をご連絡下さい。レッスン場所は横浜市内のコートでお願いをしております。

03-4455-4770

電話お問合せ

お電話の受付対応時間:平日10時~17時

レッスンの対応可能時間:ご都合に合わせて対応いたします。お問合わせ下さい。

メールお問合せ

2.メールヒアリング

メールにて現在の症状等をお聞かせ下さい。

3.打ち方の診断<レッスン当日>

まずは、テニスをしながら、打ち方を拝見します。特に痛みを感じているショットを中心に実際にボールを打っていただき、あなたの打ち方の改善点を見極めます。

4.改善箇所についての解説

痛みの何が原因になっているのか、またそれを改善するための優先順位について解説していきます。あなたの打ち方のクセや、さらにはそのクセの根本的な原因を解説します。

さらに、どのようにするとその打ち方が改善されていくのか、ご説明します。

5.改善指導

打ち方の改善を様々なアプローチで行ってまいります。力の使い方は、頭で理解できるのと、身体で実際にできることは異なってきます。実際に身体で実感いただけるよう、指導を行ってまいります。

6.改善指導結果の確認と普段の練習での再現

レッスン中には、『何が正しい動きなのか』を理解し、『どうすればそれができるのか』をご理解いただけるように進め、普段のテニスの時も実践できるようにお伝えさせていただきます。

また、体の動きはこれまで定着した動きを行おうとします。そのため、5回のレッスンを通じて、正しい動きを理解し、身体に定着させていきます。

7.レッスン後のフィードバック<レッスン終了後>

プライベートレッスン終了後、お伝えさせていただいたことをまとめてフィードバック資料としてお渡しいたします。 普段の練習環境でも、そちらを見ながらお取り組みいただくことで、思い出しやすく、取り組みが継続するようにいたします。

お客様の声

レッスンを受講されたお客様の声をご紹介します。

自分でもびっくりするくらい上手になった 静岡県 Y様 男性

ぜんぜん違うんです。
無駄な力みがなくても、威力が伝わってボールが飛んでいる 神奈川県 I様 女性

簡単に変わってしまったので魔法のようでびっくりしています。
 大阪府 O様 43歳 男性

私自身もいまが人生の中で一番技術的には、
レベルが高くなった感じがしているんです。 神奈川県 M様O様 男性/女性

南部コーチのポイントを決めたレッスンを受ける
というのはすごく上達への近道だと思いました 神奈川県 K様K様 女性

言ってしまえば全てが変わったと思います。 埼玉県 K様 男性

『あれ、そんなことができるようになったの?』
という変化が目に見えて分かるんです。 神奈川県 O様 小学4年生のお父様

こんな方々にご評価をいただいています

私達のサービスは特に以下の方々に高い評価をいただいております。

●一生懸命練習しているが、なかなか上達できていない、勝てない
●あまり多くの時間をかけれないが、しっかりと上達したい
●上達したいのだが、具体的にどうやって良いのかわからない
●普段は練習環境があるが、セカンドオピニオンとしての意見を知りたい
●肘が痛くて、バンドをつけながらだましだましテニスをやっている
●何年も習っているがあまり変化を感じない
●運動が苦手だが、勝てるように成りたい
●子供がなかなか勝てるようにならない、自信をつけてほしい

コーチ紹介

南部幹雄

1979年生まれ

<テニスプロフィール>
小学4年生からテニスをはじめ、中学校から本格的に受講
都内のテニススクールでアカデミーコースに受講しながら、著名なコーチの噂を聞いてはプライベートレッスンを受講する。
大学入学後は、テニス部に所属し、大学時代に関東学生、日本ランキング180位を達成。

<実績・指導歴>
2001年~2005年 慶應義塾大学體育會庭球部 女子ヘッドコーチ
2005年~2006年 高知中央高等学校 ヘッドコーチ
(高知県ジュニア大会優勝選手を指導)
2006年~2010年 麻生ウイングローバルテニスアカデミー ヘッドコーチ
2006年~2009年 東京女子体育大学テニス部コーチ
2009年~2013年 慶応義塾志木高等学校テニス部コーチ(ジュニア時代に無名の選手が多数を占める中、団体戦で県大会ベスト8を達成)
オリジナルコーチとして、全日本出場選手、日本ランキング100位台選手の8歳~15歳までの指導を実施

<経歴>
2001年 慶應義塾大学環境情報学部を卒業
2001年 慶應義塾大学政策メディア研究科入学
2003年 慶應義塾大学政策メディア研究科 修了
2003年 株式会社電通パブリックリレーションズ入社
2005年 同社を退職し、株式会社スポーツネットワークアンドクリエイションズを共同設立し、取締役に就任
2014年 同社を退社、合同会社wakkaを設立し、同社代表に就任

<キャリアプロフィール>
共同設立した企業では、テニススクール10拠点を運営し、
退社前にはインバウンド事業・アパレル事業・飲食事業も運営。
「人のパフォーマンスと可能性を最大限引き出す」ことをライフワークに、コーチング業務に従事。

私は、小学生からテニスを始めました。ただ、基本的に運動は苦手で、徒競走をしてもクラスで後ろから数えたほうが早いほどでした。そして、テニスを始めたのも、母親に薦められて始め、最初はテニスに行くのが嫌で、泣きながら行っていたこともありました。

そんな経験をしながらも、テニスの回数が徐々に増えていき、中学生の頃には週に4回程度テニスを行い、試合にも出て行きました。ただ、試合ではなかなか勝てませんでした。一回戦負けや、ダンゴで負けることも多く、あまり試合が好きではありませんでした。

やはり、試合には勝ちたい、という想いのもと、様々なスクールに行ったり、コーチにも習いました。

日本一と言われている大きなテニスアカデミーにも練習に行き、また、錦織圭選手を育てたコーチにも習いました。
ただ、残念ながら、なかなか結果には結びつきませんでした。
そして間違った打ち方でたくさん練習をしたので、肘や手首、肩等を痛めながら、そしてテーピングやサポーター、アイシング等を行いながら練習していました。ですが、大学三年生のときには、肋骨を疲労骨折するという経験もしました。
そういった痛みの経験を経て、徐々に力を抜いて打つための方法や、そのメリットがわかり、そして自分でもその打ち方を体得することで、何よりも楽に打てる方法をつかんできました!
そして、やっと少しずつその考えがまとまってきたので、このようにまとめたかたちでお送りしたいと思った次第です。

お問合わせ

以下のお問合せ先より、お申し込み下さい。

メールお問合せ

電話(03-4455-4770)

電話お問合せ

※お電話の受付時間:平日10時-17時

レッスン実施場所

神奈川県横浜市 入船公園/潮田公園/清水ヶ丘公園/新横浜公園 他 その他

東京都・神奈川県内

●主なレッスンの実施場所【清水ヶ丘公園へのアクセス】

電車でお越しの場合:
①京浜急行の南太田駅で下車します。

②改札を出たら右側の出口を出ます。

③道路沿いに右方向(横浜方面に対して、進行方向逆方向)に向かって歩いていきます。

④左手にフジヤスーパー、ツタヤを見て、さらに少し進みます。

 

⑤右手に交番が見えてきたら、その脇を上がっていきます。

⑥道なりに進みます。

⑦右手に首都高神奈川3号狩場線を見ながらそのまま進みます。

⑧道が右方向に曲がります。首都高3号狩場線を越えてそのまま進みます。

⑨右手に神奈川県立横浜清陵高校を見ながら、道なりに進みます。

⑩突き当りの左前が清水ヶ丘公園になります。

お車でお越しの場合:

①神奈川県道218号線、平戸桜木道路から、南センター入口の交差点を曲がります。 井土ヶ谷方面からいらしている場合は左方向に、横浜方面からいらしている場合は右方向に曲がります。

②そのまま道なりに進みます。途中京浜急行の高架をくぐり、さらに道なりに進みます。

③ふた手に別れる道が出てきますので、右方向に曲がります。

④道路下に首都高3号狩場線を越して、そのまま進むと、左側に清水ヶ丘公園の駐車場が見えてきます。

お問合わせ

メールフォームまたはお電話にてご希望の曜日や時間帯をご連絡下さい。レッスン場所は横浜市内のコートでお願いをしております。

03-4455-4770

電話お問合せ

お電話の受付対応時間:平日10時~17時

プライベートレッスンの対応可能時間:ご都合に合わせて対応いたします。お問合わせ下さい。

メールお問合せ

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス

PAGE TOP