レッスンの流れはこちら

コーチが教えるテニス肘のためのテーピング・バンド・ストレッチ方法

2017年07月25日 肘・エルボー

tenisuhiji003_3

肘の痛みであるテニスエルボーにお悩みの方は多いですよね。肘バンドや治療院での治療も大事ですが、やはり日常からのケアがとても大事です。今回は、テニス肘・エルボーでお悩みの方のために、ご自身でできるケアやストレッチ方法について解説していきたいと思います。

肘の内側が痛むのか?外側が痛むのか?

皆さんは、肘の外側が痛みますか?内側が痛みますか?肘の痛みは、外側か内側かによって、ストレッチ方法が異なってきます。

一般的な治療法については、他のサイトでも紹介されているので、いくつかの動画やサイトをご紹介します。

治療院の方がお伝えしているストレッチ方法動画

以下の動画は、治療院の方がお伝えしているストレッチ方法です。ごく一般的なストレッチ方法ですので、テニススクールなどでやられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

整形外科の方が紹介しているストレッチ方法画像

以下のサイトは、整形外科の方がご紹介しているストレッチ方法の画像になります。画像もあって、わかりやすく説明されています。

amazon レビュー四つ星以上の肘サポーター

amazonでレビュー四つ星以上の肘サポーターで、レビューの評価順上位3件をご紹介します。

●Q-shops エルボー サポーター 予防 可 調整 肘 サポート 通気性 良好 保護 用 左右 兼用【テニス 野球 ゴルフ などの 障害 に 対応】

●otto-s 肘サポーター プロテクター 可調整 ひじ用サポート 通気性良好 保護用 スポーツ用【野球 テニ ス ゴルフ】

●ゴーセン(GOSEN) ドクター・エルボー ホワイト L A80

テーピング方法

続いて、ご自身でできるケアの方法として、テーピング方法をご紹介します。

テーピングは、固定をするためのテーピングと、伸縮素材を使ったテーピングがあります。私が肘を痛めていた時は、両方を併用して、伸縮素材を使ったテーピング(いわゆるキネシオテーピング)で負担を補い、固定用のテーピングで負担がかかりづらいようにしていました。

やはりキネシオテーピングは、テーピングをするとかなり負担感が変わってきますので、ぜひオススメです。

 

まとめ

ここまでストレッチ方法やバンド等、ご自身でできるケアの方法をご紹介してきました。日常からケアをしていただくことで、痛みがかなり緩和されることもあるので、しっかり行うようにしましょう。

ただし、テニス肘の痛みというのは、その痛みが発生する原因があります。もちろん筋肉の張りや凝りが原因で生まれるわけなので、ストレッチをするわけですが、しかしその張りが生まれる根本的な原因に取り組むことがとても重要です。

そしてそれを取り除く方法については下のリンク先を御覧ください!

 

テニス肘の悩みを解消するための流れ

tenisuhiji002_2
テニス肘の痛みを生む多くの原因は、『打ち方』にあります。打ち方を改善することで、痛みを生む原因を取り除くことが出来ます。痛みが生まれる理由と打ち方との関係について解説しながら、痛みの原因を取り除くためにどのような打ち方を身につけることが必要なのか、ご紹介していきます。

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス

PAGE TOP