ジュニア選手が試合で勝てるようになるための方法

2019年01月12日 ジュニア

sport-718890_1920

ジュニア選手で一所懸命練習しているのに、なかなか試合で勝てるようにならないという方はいませんでしょうか?

『練習が足りないから』

『努力が足りないから』

『メンタルが弱いから』

様々な原因を思いつくと思いますが、試合で勝つために必要なものは何なのでしょうか?

 

色々と工夫したり努力しているけれども、なかなか試合で勝てるようにならない、そんなジュニア選手のために試合で勝てるようになるために何が必要なのか、ポイントを解説します。

ジュニアが試合で勝つための様々な要素

テニスの試合で勝つためには様々な要素が必要となってきます。

 

たとえば、

・ショットの確率

・ボールコントロール

・強いボールや回転のかかったショット

・ラリーでの判断や選択

・ボールとの距離感を保つためのフットワーク

・相手が打ったボールに対する反応

・打ち終わった後に次のショットへ対応するためのリカバー

・緊張した場面でも実力を発揮するためのメンタル

これらにとどまらず、たくさんの要素が必要となってきます。

 

そして、コーチや周囲で見ている保護者の方がジュニア選手を見たときに、 それぞれの視点から試合で勝つための課題を感じたり、伝えたりされていることでしょう。

しかし、なかなかその課題が改善しなかったり、試合で結果として出てこなかったり、 といった体験はありませんでしょうか?

テニス上達に必要不可欠な客観的な視点

テニスを上達させるために必要不可欠だと考えられているのは、『客観的な視点』です。

 

たとえば試合で負けたときに何が原因だったのか、 たとえば試合中に、今何が原因でこのスコアになっているのか、 こうした客観的な視点を持つことがテニス上達のためには必要不可欠です。

そして、客観的な視点を持つことは、練習に対する集中力にも変化を生みます。

 

少し想像をしてみてください。

あるジュニア選手は、ただコーチから言われたことを一所懸命にこなしています。

一方で別のジュニア選手は、コーチから言われたことが自分の試合でどのように活きてくるのか、 自分の課題にどう役立つのか、という点を理解しながら取り組んでいます。

どちらが高い集中力で取り組めそうでしょうか?

もちろん答えは後者だと思います。

地図を見ながら進むこと

これは、地図に例えるとご理解いただきやすいかと思います。

ジャングルの中にいて地図がないのに進もうとしているのと、 地図を見て、現在位置を確認しながら進むのでは、進むスピードが圧倒的に違ってきます。

自分を客観的に見る、ということはそれほど大きな違いを生んできます。

 

テニス上達のために、もちろん技術力や動きづくり、メンタルといった 一つ一つの要素が大切なことはもちろんですが、 それらの要素の何が必要かを選ぶための客観的な視点というものがなければ、 どんなに良い要素を持っていたとしても活かすことができなくなってしまうわけです。

ジュニア選手が試合で勝てるようになることの意味

ここでジュニア選手が試合で勝てるようになることは、 そのジュニア選手にとってどのような意味があるのかを少し考えてみましょう。

 

もちろんジュニア選手本人は、

『試合で勝てるようになりたい』

『ランキング何番になりたい』

『あの試合に出場したい』

『プロになりたい』

といった目標を持っていることでしょう。

 

一方で、そのような行動自体はその選手にどのような価値をもたらすのでしょうか?

また、どのように取り組むことでその価値が変わってくるのでしょうか?

 

ジュニア選手はその多くが、

『プロになりたい』

『全日本に出たい』

といった目標を口にします。

 

ただ、厳しいことを言えば、そのように目標を達成できる選手はごく一握りです。

例えば、世界ではテニス人口が1億人と言われています。

日本国内だけでも400万人を超えています。

そのような中でトップに立てる選手というのはごく一握りであることが現実です。

 

では、やる価値がないのか、というとそうは思いません。

この様々なハードルや試練がある中で、 目標を目指して試行錯誤していくことのプロセスそのものに価値があるのではないでしょうか。

 

テニスに限らず、何かを目標達成するという考えかたや取り組み方には、 目標達成までに必要な要素を整理し、それらを一つずつ積み重ねていく、という共通点があります。

そこで必要になってくるのが『客観的な視点』です。

ジュニア選手が試合で勝つ、という目標達成するために試行錯誤しながら取り組む、 というプロセスから『客観的な視点』を身につけることができれば、 その先の人生のテニス以外の場面でも活きてくることでしょう。

 

もしも、テニスでは目標達成ができていなかったとしても、 この体験や学びが次の目標達成を手助けしてくれるでしょう。

まとめ

今回は、ジュニア選手が試合で勝てるようになるために何が必要かを考えてみました。

技術力やメンタル・動き、といった要素以上に、 客観的な視点を持つことの大切さをお伝えさせていただきました。

 

この客観的な視点を手に入れるためにノートを書くことはとても良い方法になります。

テニスノートの書き方については、『ノート塾』で受講することができるので、 良かったらご覧になってください。

 

意識が変わりテニスが変わる テニスノートの書き方

練習や試合のあとにテニスノートをつけているジュニア選手は多いと思います。しかし、書き方次第でその効果は大きく変わってきます。テニスノートには、今の考え方や行動の全てが表れます。つまりテニスノートの書き方が変わっていくと、意識が変わりテニスが変わっていきます。ここではテニスノートの書き方がなぜテニスの上達につながっていくのか解説します。

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス

PAGE TOP