あなたにとってのベストのシングルスの戦術を見つける3ステップ

tennis-245210_1920

ストロークを安定させるためのポイントは、『足』だと思っていませんか?

多くの人がそう思って練習しているけれども、なかなか安定したストロークラリーをできるようにはなりません。

実は足をうまく使うために、もう一歩深めて考えることで、ストロークを安定させるポイントが見えてきます。

 

ストロークの安定の鍵は足だと思っていました

ストロークの安定の鍵が足にあると思っている方も多いでしょう。私ももれなくそのとおりでした。多くのコーチや上手な方から、『足が大事』『足を動かせ』『テニスはアシニスだ』などとアドバイスをもらってきたので、それが当然のことだと思っていました。

 

しかし、練習中に『足を動かそう』と思って取り組んでも、なかなか変化が生まれませんでした。

そしてなかなか変化が生まれないままもがき苦しむ中で、ストロークを安定させるための鍵が見えてきました。

 

どうなるとストロークが安定するのか

まず、ストロークが安定するとはどういうことか、何が必要かを考えてみましょう。少し当たり前のことですが、確認していきたいと思います。

 

ストロークが安定するとは、つまり、『毎回同じようにボールを打つことができる』と言い換えることができます。

もちろん、コート全体を狙って毎回打てるように、という方もいれば、狭いスペースを狙って、という方もいるでしょう。

レベルの差はあれども、その狙っている場所・打ちたい場所に繰り返しボールを打てれば『安定した』といえます。

 

そして、狙っている場所に繰り返しボールを打つためには、毎回同じ動作で同じ打点で打つことができれば、同じ方向に飛ばすことができます。

 

ここでそれを邪魔させるのが、相手です。相手は同じボールを打ってはくれませんので、毎回ボールが来る場所は異なります。その色々な場所に来るボールに対して、常に同じ打点に入り同じフォームで打つことができれば、ボールは安定するわけです。

 

同じ打点に入るために

そこで、必要となってくるのが、よく言われている『足』です。

 

様々な場所に来るボールに対して、毎回同じ打点に入るために、足が必要になるわけです。

足でボールの場所に行って、同じ距離感で打つことができれば、同じフォームで打つことができます。

 

ということで、決して『足』という答えは間違っていません。

 

しかし、ここで一つ質問です。

あなたの動くスピードとボールのスピードはどちらが速いでしょうか?

 

もちろん答えはボールのほうが速いです。

ということは、ボールがすでにこちらに来たときには、あなたはすでに足を使って打点にいなければ間に合わないわけです。

 

ということは、あなたはボールが来る前に、ボールが来る場所に移動して待っているくらいの動きができなければ、ストロークで安定した打点で安定したショットを打つことはできない、ということになります。

 

ボールの飛んでくる場所くらいわかっている??

こう言われると、『ボールの飛んでくる場所くらいわかっているよ』という方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、ここで確認したいのは、『どれくらいの正確さで予測できているか』というポイントになります。

ある程度球技経験のある方などは、これまでの経験から、ボールのバウンドの予測が無意識でできている方もいらっしゃるでしょう。

 

しかしテニスというのは、打点が数センチずれただけでも、ボールの打球方向が大きくずれてしまうスポーツです。

 

『だいたい』わかっていても、それがいざボールが来たときに数センチ予測と外れたら、打点がずれ、ボールはミスしてしまいます。

 

そのため、もしもボールの予測はできているけれど安定していない、と感じる方は、その正確さを確認して見るようにしてください。

 

大切なのは『見抜く力』

このように考えてみると、足を使うためには『どこにボールが来るか』がわかっていなければ使えないことがわかってきます。

つまり私の場合、足を使いたくてもどこに行っていいのかが分からないので、同じ打点でボールが捉えられず、ストロークが安定しなかったのです。

 

こう考えると、大切なのは『足』よりも『目』になってきます。

特に、向かって飛んでくるボールの『スピード』を見抜く力です。

 

このスピードを正確に見抜くことによって、その情報を元にバウンドの予測をたてていくことができますが、このスピードが見抜けなければ、正確に予測することはできません。

 

つまり、ストロークの安定を培うために大切なのは、足よりも『見抜く力』にあるのです。

 

予測ができれば後は動くだけ

このように考えて、『ボールの予測』を意識して練習すると、最初はなかなかできませんでしたが、徐々に正確にボールの軌道を予測していくことができるようになっていきました。

例えて言えば、チャレンジシステムの『ホークアイ』のように、相手が打った瞬間にその軌道が見えるようなイメージです。

 

この予測ができれば、後は動くだけです。横着をせずに、きちんと足がもっていければ打点に入ることができます。

ここで初めて『足』を意識する必要が出てくるわけです。

 

もしも、ストロークが安定しない、と思っている方は、まずご自身が何が原因でうまく打点に入れていないのかを確認し、実践してみてください!

 

スポンサーリンク

  
 

『なんとなく練習』していませんか?

tennis090
ジュニアの練習を見ていて、『ちゃんと意識して練習しているのかな?』と思うことはありませんか?
テニスは、具体的に意識をしていくことによって上達していくことができます。具体的な意識の仕方を練習する練習会についてはこちら。

コメント..

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。

コメント
お名前
メールアドレス

PAGE TOP